やせすぎも太りすぎも妊娠しにくくなる

やせすぎも太りすぎも妊娠しにくくなる

妊娠したいと思ったら体重管理に気をつけましょう。やせすぎていても太りすぎていても妊娠しにくくなります。

 

赤ちゃん

 

なぜ妊娠しにくくなるの?

 

妊娠するためには女性ホルモンの力が必要です。女性ホルモンはある程度に脂肪がないと分泌されにくくなるので、やせすぎていると女性ホルモンが低下して妊娠しにくくなります。また、やせている方は食事量が少ないため十分な栄養が摂れていないことが少なくなく、栄養不足も妊娠しにくい体の原因になります。

 

太り過ぎもホルモンバランスに影響を与えます。婦人科系の病気にかかりやすく、妊娠中に妊娠糖尿病などになる危険もあります。

 

適切な体重のもとめ方

 

適切な体重はBMIを用いて調べます。

 

身長×身長×22で標準体重がわかります。現在の体重を身長の2乗で割ると自分のBMIがわかります。20〜24が標準、24以上が肥満、20以下がやせです。ややぽっちゃりぎみが病気になりにくく、BMIが22程度がもっとも理想的だとされています。BMI22に近い体重を維持すると女性ホルモンが分泌されやすい体に近づきます。

 

太りすぎの人は

 

太りすぎに方は食事に気をつけたり運動をして適切な体重にします。妊娠前から運動をしておくと、妊娠に必要な体力をつけることができます。

 

ダイエットというと無理な食事制限をする方がいますが、無理な食事制限をすると必要な栄養素が不足してしまいます。バランスのよい食事を摂りながらカロリーコントロールすることが大切です。

 

脂肪分が多い肉類は控えて、魚や大豆製品、脂肪が少ない肉からタンパク質を摂取します。肉や乳製品の摂りすぎは飽和脂肪酸の過剰摂取になって、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めます。野菜や海藻などからミネラルとビタミンを摂取しましょう。

 

運動は継続することが大切です。ウォーキングやヨガなど軽い運動は、無理なく継続しやすいです。妊娠してからもマタニティーヨガを続けていると、出産の不安を軽減できたり、分娩が楽になります。