二人目を授かる身体を作るために大切なこと

二人目を授かる身体を作るために大切なこと

ふにゃふにゃの赤ちゃんだった一人目のお子さんも、だいぶ大きくなって育児が楽になってくると「そろそろ二人目が欲しい」と考えるご夫婦も多いことでしょう。
二人目を産みたいと考え出したとき、どのようなことに気をつけたらよいのか、ご紹介します。

 

二人目が欲しいと考え出したら、まず、一人目の断乳をします。
なぜなら、授乳中は母乳を作るためのホルモン(プロラクチン)が大量に母体に分泌されているからです。実は、このプロラクチンは母体の排卵を抑えています。
一人目の出産後、生理が順調に来ているように見えても。実際は排卵していない場合もあるで、まず二人目を妊娠したい場合は断乳をします。

 

二人目を妊娠したくても、なかなか妊娠しない場合は、早めに婦人科で不妊検査を行います。基本的な不妊検査項目は、一人目の場合でも二人目の場合でも同じです。しかし、二人目不妊特有の原因がある場合があります。

 

まず、年齢の問題です。一人目妊娠時に比べて、パパもママも確実に年齢を重ねています。卵子も精子も年齢が高くなるほど妊娠しにくくなることが分かっています。特に30歳以上になるとホルモンバランスの崩れや卵子の老化により、妊娠しにくくなることが分かっています。

 

そして、二人目不妊特有の原因として挙げられるのは、「一人目を出産する際に起きたトラブル」によるものです。例えば、「一人目を出産する際に大量出血した」「出産時に感染症にかかった」いったトラブルがある場合、卵管や卵巣、子宮といった臓器が癒着して妊娠しにくい身体になっている場合があります。こういった不妊の要因は、不妊検査を行うことで判明し、治療することで妊娠することが可能となります。

 

また、最近増えているのは「原因不明の不妊」です。検査をしても、夫婦ともに特に問題がなくてもなかなか妊娠しないご夫婦が増えています。その原因の一つは、「ストレスによるホルモンのバランス異常」とも言われています。一人目育児は慣れないことが多くて、ママもストレスがたまりがちになりますが、一人目育児を楽しみ、育児ストレスをためないことは二人目を授かる身体を作るためにも大切なことといえます。