妊婦が便秘になりやすい傾向はなぜ?

妊婦が便秘になりやすい傾向はなぜ?

女性は便秘になりやすい傾向がありますが、妊娠をすると便秘になってしまう女性が多くいるようです。

 

妊婦の70%は便秘だともいわれています。妊娠後期になるほど便秘になりやすくなります。便秘だとお腹が張って苦しいなど体調にも影響を与えますよね。どうして妊婦は便秘になってしまうのでしょうか。

 

腸を圧迫

 

お腹が大きくなると子宮が内臓を圧迫します。腸な圧迫されやすい位置にあるため、腸が圧迫されて腸管が狭くなってしまいます。これにより便の移動がスムーズにできなくなります。圧迫されている状態が長く続くと腸が刺激に対して鈍くなるため、直腸性便秘につながることもあります。

 

ホルモンの影響

 

妊娠すると妊娠を維持するために黄体ホルモンの分泌が増えます。黄体ホルモンのおかげで安全に妊娠・出産ができるのですが、便秘になる原因でもあります。

 

黄体ホルモンには水分をため込む作用があり、便の水分が吸収されて便が固くなり、排便しにくくなります。長時間腸に便がたまることでさらに便の水分が奪われてしまいます。流産しないように子宮の収縮を抑える働きがありますが、腸も弛緩してしまうため働きが鈍くなります。

 

運動不足

 

適度な運動をすると腸が刺激を受けて動きが活発になります。運動することで腹筋が鍛えられ、排便しやすくなる作用もあります。

 

妊娠をすると安静にしていなくちゃという意識が働いたり、周囲が気を使って動く機会が減ると思います。運動不足で腹筋が低下して排便がスムーズにできなくなったり、血流が悪くなって腸の働きが鈍くなります。

 

食物繊維不足

 

つわりがあると食事を摂るのが難しいですよね。あまりにもつわりがひどくて液体だけしか口にできない妊婦さんもいるようです。

 

便通をよくするには食物繊維が必要です。食物繊維は腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にしたり、便のかさを増やしたり、善玉菌のエサになる働きがあります。食物繊維不足になると腸の働きが鈍くなってしまいます。