赤ちゃんの便秘自体は特別珍しいことではありません

赤ちゃんの便秘自体は特別珍しいことではありません

赤ちゃんの便秘自体は、特別珍しいことではありません。ちゃんと水分を与えていても、ミルクも母乳も問題なく飲んでいても便秘になってしまうことがよくあります。

 

便秘の原因は、大人と同じく一つだけではありません。水分不足・食事量不足・生活リズムの変化・運動不足など様々な要因により便秘に陥ってしまうことがあります。特に胃腸系は自律神経と深く関わっているため、ストレスのためないリラックスできる環境を作っていることが大切です。

 

お風呂に入っているときに、赤ちゃんのお腹を時計回りに優しくマッサージしてみましょう。くれぐれも指で押さず、手のひら全体で優しくマッサージするのがこつです。運動不足が原因となる便秘には、左右の足を持って交互に動かすなど、簡単な遊びを日々取り入れることで、お母さんと子どものコミュニケーションともなります。また離乳食以降の赤ちゃんの場合、食物繊維やオリゴ糖をたっぷりとれるごぼうを食べさせたり、リンゴなど腸内環境を整える作用のある果物をすりおろして与えるのもよいでしょう。

 

母乳やミルクには、オリゴ糖を多く含んでいますが、離乳食以降の食事に移行するにつれ、オリゴ糖を摂取する量が減少してしまいます。

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える効果があるため、積極的にとるよう心掛けた方がよいでしょう。オリゴ糖の選択のポイントとして、成分をよく確認し、人工甘味料の使用していない純度の高いものを選ぶのが大切です。家庭でできる最終手段として、大人用の綿棒をほぐし、ベビーオイルなどで、十分すべりをよくさせたら、赤ちゃんの肛門を出し入れする綿棒浣腸の方法もあります。

 

しっかりと、綿棒の膨らんでところまで挿入することがぽいんとですが、くせになる可能性もあるのでほどほどにしておきましょう。

 

何をやっても出ない期間が長期間続いたり、便秘が原因でお腹が張ったり食欲がなかったり、何か体調の変化があるようでしたら、重大な病気が潜んでいる可能性もあるため、迷いなく病院へ診察を受けに行きましょう。