葉酸は健康な赤ちゃんを育む大切な栄養素

葉酸は健康な赤ちゃんを育む大切な栄養素

妊娠を経験したお母さんは担当の先生から言われたことがあるのではないでしょうか?

 

妊娠初期には必ず葉酸を摂るようにと。
そう、葉酸は胎児の無事な発育にとても大切な栄養素なのです。

 

子供

 

葉酸の働き

 

葉酸は、簡単に言えばビタミンの一種です。
ビタミンBの仲間で、水溶性ビタミンになります。

 

緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれていて、毎日の必要摂取量はそう多くありませんが、血液やDNAを合成する役割があるため、不足すると貧血などの症状として現れます。

 

葉酸は水溶性ビタミンなので、水に溶けてしまいます。

 

しかも熱にも弱く、洗ったり、茹でたりすると、大半は失われてしまってなかなか沢山摂取する事が出来ません。

 

とは言え、今までは日本人はそう不足する事なく摂取して来ていました。
しかし、近年この葉酸の摂取が不足して来ているとの報告があるのです。

 

妊娠との関係性

 

厚生省は、保健医療関係者に妊娠可能な女性に対する葉酸摂取の指導を行うよう通達を出しています。

 

それは葉酸不足の状態で妊娠し、胎児が育つと、その子供が二分脊髄などの神経管閉鎖障害を発症する危険が大きいとの研究結果があるからです。
葉酸は血液や遺伝子、そして内臓などの生成に大きく影響する栄養素なのですが、実は受精卵の細胞分裂や胎児の成長に大きく関わっています。

 

その為、母親が葉酸不足に陥っていると胎児が上手く成長出来ない可能性が高くなるのです。

 

この場合葉酸は妊娠前から必要で、葉酸不足だと胎盤が妊娠早期に剥がれてしまう場合があります。

 

妊娠を計画している場合は葉酸は食事だけでは足りない

 

妊娠直後、妊娠中には普段より多くの葉酸を必要としますが、普段から足りてない場合は大変です。

 

この件に関して厚生省は、医療関係者に、妊娠予定の女性に対して、妊娠予定の1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは、通常の食事からの摂取の他に栄養補助食品から一日0.4mgの葉酸を摂取するよう指導するようにと、わざわざ通達を出しています。

 

つまりサプリなどのサポートが必要という事なのです。
おすすめの葉酸サプリはこちら⇒美的ヌーボ

 

赤ちゃんを待ちわびるお母さんなら誰しもが健康な赤ちゃんを望むものです。
赤ちゃんの為に、そしてお母さん自身の為に、適量の葉酸を摂取して、健康で元気な赤ちゃんを出産してください。

 

 

妊娠を希望する場合に考えることのひとつが「どの日にタイミングを取れば、妊娠しやすいの?」ということではないでしょうか。

 

妊娠するためには、女性の卵子と男性の精子とが、女性の体内で出会うことが必要です。ということは必然的に、排卵する日を把握してタイミングを取ることが、妊娠への近道となります。

 

産婦人科で調べてもらうのはもちろん、病院に通わなくても排卵日を知る方法もいくつかあります。基礎体温を測る、排卵日検査薬を使用する、といった方法でも、排卵日の大まかなあたりをつけることが可能です。
それでは、だいたいの排卵日が分かったとして、いったいどの辺りでタイミングをとるのが有効なのでしょうか。毎日というのは難しい…という方も多いはず。ならばどの日に行うのがいいのか?悩むところではないでしょうか。

 

卵子と精子が出会えばいいのだから、排卵する日にタイミングをとればいいのでは?と思う方が多いかもしれません。実は、排卵日当日にタイミングを取った場合の妊娠の確率は、そんなに高くはないといわれているのです。なぜかというと、卵子は寿命がとても短く、排卵されてから約24時間しか寿命がありません。さらに、受精が可能な時間というのはそのうちの、長くても8時間程度なのです。

 

たとえ「今日が排卵日だろう」とあたりをつけたとしても、8時間の間を狙ってタイミングを取るというのは、大変難しいといえるでしょう。

 

ではどうすればよいのでしょうか。受精するためには、排卵されてから8時間以内に精子と出会う必要があります。ということは、排卵した時点で既に女性の体内に精子がいれば、新鮮な卵子と早い段階で出会うことができるわけです。排卵すると思われる日よりも前にタイミングを取れば、女性の体内で精子が待機することが可能です。精子の寿命は平均2?3日といわれていますが、射精後6時間ほどは受精ができず、その後受精が可能なのは1日半ほどだとされています。つまり、射精してから2日弱くらいまでが受精可能な期間だといえるでしょう。

 

ですから、排卵日の約2日前?前日にタイミングをとっていれば、排卵前に精子が待ち構える状態を作りやすいといえそうです。

 

もちろん、卵子や精子の寿命や受精能力には個人差もあります。なので絶対そうだとはいえませんが、少なくとも卵子と精子が出会いやすい環境を気にかけてタイミングを取ることが、妊娠への近道の一つであるとはいえると思います。